HOME>記事一覧>不動産収入と利益の考え方と計算方法とは何でしょうか

不動産賃貸とは

住宅模型とお金

不動産を賃貸する場合、どの価格が適正なのか悩むところです。その物件自体の利便性だけでなく、近所の環境などにもよりますが、基本的には価格の原則としての需給の関係で決まるのが一般です。つまり、所有者にも賃借人にとっても許容範囲である価格が家賃相場と言えるでしょう。所有者にとっての必要最低限な価格は、その不動産の取得価格、取得のための金利、税金を含めた諸経費などから計算して利益が発生する金額と言えるでしょう。問題になるのは計算する場合に賃貸している部屋や建物の入居率です。これをどの程度に設定して計算するかで結果が大きく異なってきます。入居率は付近の不動産業者や融資を受ける金融機関が情報を持っているので相談することが必要でしょう。

不動産賃貸の要素

物件の条件は、具体的には、間取りや設備などによって条件が異なります。同じような条件の近隣の物件を参考にする必要があります。さらに部屋や建物によって価格を変えるといった細かい配慮も必要でしょう。物件自体の条件は、構造、間取り、何階か、広さ、築年数、風呂やトイレ、エアコン、インターネット、駐車場などが考えられます。居住環境の具体的な条件としては、公共交通機関の事情、スーパーやコンビニなどの商業施設の事情、学校、病院などの公共機関が考えられます。これらを含めて所有者ができるだけ利益を得ることができて、賃借人も満足することが、最良の家賃相場と言えるでしょう。

広告募集中